FC2ブログ
駐車場に向かうと、すでに梢さんは車の中で待っていた。

助手席に座ると、くすっと笑われた。

「お疲れ様、若様。上手くいったようで、安心したわ」

「えっ?」

なっ何でセックスしたことがバレたんだ?

オレが眼を白黒させていると、梢さんは本当におかしそうに笑った。

「若様、お風呂入ったでしょう? 良い匂いがしているわよ」

「あっ…」

セックス後、後処理も兼ねて梨奈とお風呂に入ったんだっけ。

「それで、どうだった?」

「梨奈は仕事を辞めるそうです。買う方も、売る方も」

「-そう。ちょっと残念だけど、それもしょうがないわね」

梢さんは眼鏡の奥の目を一瞬細めたけれど、理解したように頷いた。

「こう言ってはなんだけど、梨奈ちゃんみたいなタイプはウチの仕事には合わないわ。早く足抜けして、正解よ」

「よく言いますね。今まで仕事を斡旋してきた人が言っても、説得力ないですよ?」

「仕事は仕事よ。いちいち個人的な感情を持っていては、勤まらないわ」

…それは一理ある。

「まあだからこそ、若様のような存在はありがたいのよ。損得抜きで、梨奈ちゃんを思いやってくれたでしょう?」

「…そこまで善人ではありませんよ。まっ、足抜けさせたことは、自分でも正解だとは思いますけど」

「そうね。でもまあ社長も納得するでしょう。他ならぬ可愛い一人息子の仕出かしたことならば、喜んで受け入れるでしょうし」

「ご冗談を。まっ、説教されるいわれもないですけどね」

フフッと笑いながら、梢さんは車を動かした。

…すでに外は茜色に染まっていた。

「今日はこのまま家に送るわ。それともどこかで食事して行く?」

「会社の経費で落ちるなら、焼肉でも食べたいですね。肉体的にもそうですが、精神的にも疲れてしまったので」

「OK。あたしのお気に入りの焼肉店に連れてってあげる。到着するまで、寝ててもいいわよ?」

実はちょっと眠気に襲われていたりする。

梢さんには何でもお見通しにされてしまうな。

苦笑しながら、オレは欠伸を堪えた。

「じゃあお言葉に甘えて」

「ええ、今しばらくはオヤスミなさい」

オレはシートに深く身を沈めて、眼を閉じた。

最初は嫌がっていた仕事だけど、梨奈のように救ってあげられる人がいるならば、案外この仕事も悪くないんじゃないかと思った。

できるならこの後もまともな人と接したかったのだが…それは叶わぬ願いだと実感するのは、このすぐ後だった。


【終わり】
スポンサーサイト
[PR]

そう簡単にはいかなかったことを、言わなくても梨奈は実感しただろう。

「半ばヤケになっちゃっていたのかも。もう止めておくね?」

「うん、そうしな。大丈夫。梨奈ぐらい可愛いコだったら、本当に愛する人と巡り合うことができるよ」

微笑みながら言うと、梨奈も少し笑った。

「その人とセックスの相性も良いとイイけどね」

「それはその…二人の努力次第だと思うよ」

「ふふっ。頑張ることにするわ」

楽しそうに笑う梨奈を見て、オレはようやくほっとした。

不感症ではないことを分からせた上に、恋愛について前向きになれたみたいだ。

願わくば、梨奈が愛する人が、梨奈を心から大事に思ってくれますように―。

祈りにも似た思いを抱きながら、梨奈の体を洗い、後処理をした。

バスルームから出ると、ちょうど梢さんからケータイに連絡が入った。

メールで、もうすぐ時間だと知らせてくれる。

「もう、時間なのね。あっという間だったわ」

苦笑する姿を見ると、今までは苦痛の長い時間を味わってきたんだろう。

そう思うと胸が痛む。

「あっ、そうだ」

梨奈は自分のバックから、一枚のカードを取り出し、オレに差し出した。

「コレ、持ってて」

受け取ると、カードは名刺みたいな物だった。

梨奈の笑顔のプリクラが貼られていて、その下には電話番号とメールアドレス、それにもう一つのアドレスが…。

「梨奈、この3番目のアドレスは?」

「あっ、アタシ、ホームページ持っているの。良かったら見てね」

「うん、分かった」

「それと…何かあったら、連絡していーい?」

モジモジしながら上目遣いで見られた。

その恥らう姿に、思わず抱き締めたくなる気持ちを抑える。

「良いよ。じゃあ今からオレのケータイ番号とメルアド送るから」

「うん!」

オレはケータイを操作して、まずは梨奈の連絡先を入力した。

そしてすぐに電話を鳴らし、メールを送る。

「あっ、ちゃんと来た」

「良かった。じゃあ何か困ったことがあったら、気軽に連絡してくれよ? オレ自身はもちろんのことだけど、会社の力も使うから」

「百人力ね! …ありがとう、若様」

「ああ、じゃあね。梨奈」

満面の笑みを浮かべる梨奈。

最後に頭を撫でて、オレは部屋を出て行った。
「あああっー!」

中がドロドロの熱で満たされ、梨奈は眼を見開き、何度も体を振るわせた。

「ううっ…!」

そのせいで膣の中の締め付けがよりいっそうきつくなり、オレは最後の一滴まで文字通り絞り取られた。

…その後、互いに息が整うまで動けなかった。

……言っては何だけど、この締め付けはある意味、名器とも言えなくもないかもしれない。

処女ではないのに、このきつさはクセになるかも。

「梨奈、大丈夫か?」

「えっええ…」

いくらか放心したようだったが、何とか平気みたいだ。

オレはその後、梨奈の中からゆっくりとペニスを抜いた。

ドロドロと流れてきたものをティッシュで拭き、梨奈をお姫様抱っこして、バスルームへ入った。

さすがはウチの会社が作っただけあって、風呂は広くて使いやすかった。

湯船に二人で入りながら、オレは仕事モードに戻った。



「梨奈、コレで分かっただろう? ムリにするものじゃないんだ、セックスは」

「…うん」

オレに背後から抱き締められている梨奈は、どこか複雑な表情をしていた。

きっと本当は心の中で引っ掛かりがあるのを、自覚していたんだろう。

好きでもない相手とのセックスなんて、意味がないことを―。

オレは梨奈の悩みに気付けたからこそ、感じさせることができた。

心の奥深くに触れたからこそ、許されたと言っても良い。

「オレが言うべきことじゃないかもしれないけど、梨奈は辞めた方がいいと思う。この仕事」

「辞める…」

「ああ、売る方も買う方も。そして本当に好きな人を見つけた方が良い。そうしないと、セックスの幸せが分からなくなってしまう」

オレは不安になって、梨奈を抱き締めた。

腕の中の梨奈はとても華奢だ。力を込めれば、痛がるだろう。

肉体の痛みならばいずれは時間が解決する。

しかし心はそうもいかないのだ。

「若様は辞めた方が良いと言うのね?」

「…ああ、オレはそう思う」

オレの腕に、梨奈の手が触れた。

顔を上げると、穏やかな表情の梨奈がそこにはいた。

「分かったわ。梢さんと相談して、どっちも辞めさせてもらう」

「えっ? 本当にいいの?」

自分から言っておいてなんだけど、こんなにアッサリ承諾するとは思わなかった。

「うん…。何となく合っていないような気がしていたし、梢さん達もアタシの扱いには困っていたみたいだから」

そう語る梨奈はどこか切なそうに遠い眼をしていた。

「辞めるキッカケを探していたのかもしれない。若様に言われたら、何となくすっきりしちゃった」

「そう…。じゃあしばらくは…」

「ええ、禁欲と言うか、セックスしないことにする。確かにアタシ、変に焦っていたかもしれない」

梨奈は甘えるように、背中を預けてきた。

「友達もね、本当に好きな人に捧げたワケじゃないの。だからアタシだってそのぐらい平気だって思っていたんだけど…ね」
やがて熱い液体が梨奈の中から溢れ出てきて、オレは一気にペニスを引き抜いた。

「ひっ、やああ!」

プシューっと、勢い良く梨奈は潮を噴いた。見る見るベッドに染みができる。

何か…溜まっていたモノを一気に放出した感じだ。

まあ男だって、溜まっていたら出るモンは出るしな。

「あっ、あっ…」

梨奈は大量に潮を噴いたのがショックらしく、開いた口から唾液が滴り落ちている。

「りっ梨奈? 大丈夫?」

オレは慌てて梨奈を引き寄せ、抱き締めた。そして優しく頭を撫でる。

ちょっと刺激が強過ぎたのかもしれない。

多分、セックスで潮を噴いたのがはじめてなんだろう。しかもこんなに大量のを。

匂いが興奮を引き起こすけれど、ぐっと耐えて梨奈を慰める。

「ちょっとショックが強すぎたな。水でも飲むか?」

「うっううん…大丈夫」

梨奈は顔を上げると、その眼はしっかりした意思があったことに、ほっと一息ついた。

「でも若様がまだ…でしょう? その口でした方がイイ?」

…オレって何でこう、アブノーマルに見られるんだろう?

「ううん、できれば下の口の方がいいな」

それでも笑顔で切り返すことができるんだから、嫌な成長をしてしまったな。

「わっ分かったわ」

梨奈は腰を上げ、自分の中に当てがおうとした。

短時間でずいぶん大胆になったものだ。

梨奈はためらうことなくペニスを下の口に飲み込んだ。

「んあっ!」

ずりゅっと一気に入ってしまい、思わずペニスの硬さが増してしまう。

「やぁっ、おっきくなったぁ!」

梨奈はオレの首に両腕を回し、必死にしがみ付いた。

「ゴメン、実はもう限界なんだ。今度はオレが好きに動いてもいい?」

「…うん」

小さく頷く梨奈の頭を撫でると、オレは腰を掴み一気に引き上げた。

「ああっ!」

そして今度は力の限り、下におろす。

「やあっん!」

そのまま欲望の衝動にかられたまま、梨奈を下から何度も突き上げた。

「あっ、やっ、はっ…あああっー!」

ガクガクと梨奈の体が激しく痙攣するも、オレは動きを止めなかった。

梨奈がとてもいとおしく感じていたから…それを知ってほしかった。

何度も奥を小突く。そして一気に引き抜き、また奥を突くと、ぶしゅっと密着している部分から液体が弾けた。

「梨奈、もう限界だ…!」

「あっ、来て…若様のあっついの、アタシの中にっ…!」

梨奈の首筋に顔を埋めた。体臭に頭の中がクラクラする。

けれど下半身だけはしっかり意思を持ってきて、膨らみが最大限に達した時、たまりにたまった熱が一気に梨奈の中で弾け飛んだ。
「んっんっ、あっ、はぁ…!」

耳元で喘ぐ声はとても色っぽい。

理性を吹き飛ばし、このまま突き上げたくなる衝動にかられるほど。

けれどまだ、だ。

梨奈はオレの肩を掴むと膝を付いて、動きを早くし始めた。

先端に柔らかな膨れ上がった肉の感触が何度も当たるたび、喘ぎが高くなる。

きっとココが梨奈のGスポットなんだろう。

何度も先端と括れを当てて、気持ちよさそうに息を弾ませている。

奥からじんわりと熱い何かが溢れてきている。

―きっともうすぐ、もっと梨奈は夢中になる。

その予感も間を置かずに実現した。

「あっああっ! たまんない!」

オレの首にしがみ付き、自ら足を大きく開いた。

挿入のペースがさっきよりも一段と早くなった。

ぐちゃびちゃっと、濡れた音が部屋の中に響くぐらい、動きが激しい。


「くっ…!」

思わず押し殺した声をもらしてしまった。

熱く濡れた梨奈の中は、思ったより早く理性を崩してしまう。

濡れた音の原因は、半分はオレにもあるだろう。とめどなく、溢れてきてしまっているのを感じていた。

オレが感じてどうするんだと思わず苦笑する。

けれど梨奈が気持ちよさそうに腰を振る姿を見ていると、それも良いかと思ってしまう。

梨奈は可愛い。

背伸びして大人ぶろうとしても、心は純粋だ。

だからこんな仕事からは遠ざかって、本当に人を愛してほしい。

そうすれば、こんな仕事で性欲を満たすこともなくなるだろう。

祈る気持ちを抱えながら、オレは梨奈の胸に触れた。

「ああんっ!」

全身を桜色に染め、感じやすくなっている肌はとても魅力的だ。

両の手のひらで、胸を乳首ごと揉むといっそう高い喘ぎになる。

「やっ、何か感じちゃう! どこ触られても、気持ちイイッ!」

「そりゃ良かった。-コレがセックスなんだよ、梨奈」

「んんっ…! こんなにっ、気持ちイイものなの?」

「身も心も許せる相手なら、ね?」

苦笑しながら言うと、梨奈は一瞬泣きそうに顔を歪めた。

だからオレは強く胸を揉みながら、腰を動かし始めた。

「あっ、やっ、だめぇ! いきなり動かないでぇ!」

ここまできたら、もう遠慮は必要ないだろう。

梨奈を仕方から突き上げながら、オレは膣の中に熱いものが溢れてくるのを感じた。

「やぁあっ、イッちゃう! お腹熱いの、出ちゃう!」

梨奈の眼から、透明な滴があふれ出す。

イヤとかじゃなくて、感じ過ぎてしまっているんだろう。