FC2ブログ
 アレからいろいろ彼には求められた。
 大人のオモチャで攻められたり、またはコスプレを求められたり。
 戸惑いながらも、彼に逆らえず、今日まで来てしまった。
 彼の与えるどの刺激も、わたしにとっては快楽でしかなかったから…。
「ねぇ、今度はどんなプレイをしようか?」
 わたしの髪を撫でながら、彼は楽しそうに言った。
「…たまには外で、とかはないの?」
「え~? 外は嫌だなぁ。ここでいいじゃん」
 とことん引きこもるタイプらしい。
「バイブもローターもコスプレもそろそろ飽きたし。SMとかスカトロやってみようか?」
「いっ痛いのはイヤよ」
「ん~でもミコちゃんの嫌がる顔って、そそるんだよなぁ」
 彼は笑うと、わたしの頬をべろっと舐めた。
「きゃっ」
「声も悲鳴の方が可愛いし」
「でっでもSMでロウソクに火とかはダメよ。燃えちゃうから」
「まあそうだね」
「それにスカトロ、も…。部屋が臭くなっちゃう」
「そんなのボク気にしないよ」
 …そうだった。すでに部屋はこんなに臭かったんだ。
「でもあんまり臭いと、大家さんに怒られるかも…」
「じゃあこのアパート買い取るよ。そうすればどんなに声を出しても、臭くても誰も文句なんて言わないし」
 あうう…。何一つ通じない。
「じゃあそれまでに、イロイロ準備しなきゃだね! ミコちゃん、変態だから満足するもの揃えるの、結構大変なんだよ?」
「わっわたしはあなたとは違うわよ!」
「違わないよぉ~。だってボクのこと、好きなんでしょ?」
「うっ…!」
 確かに彼からは離れられないけど…。
「ホラ、体の方が正直だ」
 繋いでいる部分をユサユサと揺さぶられると、再び快楽の火が燃える。
「あっ、あんっ!」
「ふふっ。これからもたぁ~っぷり可愛がってあげるからね。ミコちゃん」
「んんっ…。気持ちよくさせてね?」
 わたしは彼の性器をぎゅっとアソコではさみこみ、キスをした。
 彼はきっとずっとわたしに、変態的なプレイを迫ってくるだろう。
 そしてそれを受け入れるわたしも…変態なんだ。

【END】
スポンサーサイト
[PR]

 舌足らずの声は、本気で拒絶はしていなかった。
 彼は乳首を銜えたまま、ニンマリ笑った。
 そしてもう片方の胸を揉みながら、激しく吸い出した。
「あっやっ、やんやんっ!」
 ビクビクッと背中が動いてしまう。
 胸を吸われる快感も、この時はじめて知った。
 彼はザラザラした舌の表面と、ヌルヌルした裏面を使い、絶え間なく乳首を舐めた。
 すると真っ赤に染まり、立ってしまう。
「ああっ…!」
「恥ずかしがることは何にもないよ。ココは男だって弄られるとたまらないんだから」
 彼はそう言って、揉んでいた方の胸を今度は口で愛撫しはじめた。
 そして唾液で濡れた胸の方は、手で愛撫する。
「ああっ、むっ胸も弄られると気持ちイイぃ」
 わたしは思わず彼の頭を抱え込んだ。
 そうして薄暗くなる頃、ようやく彼は解放してくれた。
 ティッシュで胸やアソコを拭いて、タクシーを呼んでくれた。
 別れ際、一万円札を10枚も渡してきた。
「あの…」
「また気持ちよくなりたかったら、おいで」
 彼はわたしの耳元でそう言った。
 わたしはぼんやりしながらタクシーに乗り込み家に帰った。
 …その後、夜、ベッドで1人でいると、彼の愛撫を思い出してしまった。
「んっ…!」
 自分の指で胸やアソコを弄っても、彼が与えてくれた快楽には程遠かった。
 本当は忘れたかった。
 あんな変態に、あんなことをされたのを…。
 でも体は夜な夜な疼いた。
 あの刺激が欲しくて欲しくてたまらなくなってしまった。
 そうしてわたしは彼と出会ってから一ヵ月後に、再びあの場所へ足を踏み入れた。
 アパートの部屋に行くと、彼はこう言った。
「待ってたよ。我慢できなくなったんだね? さあ、おいで」
 腕を引っ張られ、わたしは彼の部屋に再び入った。
 そして服を全て脱がされ…。
 体の隅々を愛撫された。


 ―そして付き合うようになるまで、時間はかからなかった。
 一線を越えるのは、彼の部屋を3回訪れた時だった。
 アソコに入れてほしくて彼に頼んだ。
 そのサイズにはじめはビックリしたけれど、でも…入れてくれた。
 一つになった時、わたしはやっぱりと思った。
 やっぱりわたしは、この変態が好きなんだと。
 痛みと快楽の中、気付いてしまったのだ。
「グフフ。キレイな色だねぇ。それに良い匂いもする」
 彼はわたしの太ももを押し開き、わたしのアソコに顔を寄せた。
「今からペロペロしてあげるね」
「ぺっペロペロって…」
 嫌な予感がした。
 それはすぐに的中した。
 彼は舌を伸ばして、アソコをペロペロ舐め始めたのだ。
「ああんっ! そんなとこ、舐めないでぇ!」
 身をよじるも、太ももをガッシリ掴まれてて動けなかった。
「んん~。レロレロレロぉ~」
「やああん!」
 舌先でクリトリスを転がされ、穴に吸い付かれて、わたしは何度もイッてしまった。
「んっ…。キミのここ、美味しいね♪」
 彼は力強く、穴に吸い付き、溢れ出る蜜をズズッと音を立てて吸った。
「やめてやめて! もう帰るぅ!」
「ダメだよ。ちゃんと休んでからじゃないと」
 彼の頭を叩いても、阻止できなかった。
 わたしはただ与えられる快感に、泣きながら喘ぐしかなかった。
 …そしてどれだけの時が経ったのか。
 空はすでに茜色に染まっていた。
「あっ、はぁっ…!」
 わたしの声はすでに熱っぽく、かすれていた。
 彼はずっと、わたしのアソコを舐め続けていた。
 わたしはすでに抗うことも、逃げることも頭になかった。
 ただ下半身から感じる快感に酔いしれていた。
「気持ちイイ…気持ちイイよぉ」
 気づけば彼の頭を両足で抱え込み、頭を押さえつけてしまった。
 そして腰をくねらせ、快感を貪っていた。
 アソコを舐められるなんてはじめてだった。
 時々、自分ではこっそり触ったりしたけれど、こんなに気持ちよくなる部分だなんて知らなかった。
 わたしはもう夢中になっていた。
 激しく舐められ、何も考えられなくなっていた。
 やがて彼が顔を上げる。
「ん~、美味しかった♪ …そう言えばキミのオッパイ、大きいよね」
 わたしの上着を捲くり上げ、ブラジャーも上げた。
「わっ、巨乳だね! 中学生ぐらいなのに、もうDカップもあるの?」
 驚きつつも、わたしの胸を乳首ごと強く鷲掴みにした。
「ああっん」
「もうこんなに大きいけど、まだまだ成長するよね? いっぱい弄ったら、大きくなるかなぁ?」
 彼は首を傾げながら、わたしの乳首に吸い付いてきた。
「んっ…ちゅっちゅっ」
「やぁんっ! 吸わないでよぉ」 
 …彼と出会ったのは、3年前の中学2年生の時。
 休日、1人で出かけていたわたしは、この近くで迷子になってしまった。
 今でこそ迷わず来られるけれど、ここは入り組んでいて迷いやすい土地だった。
 空き家も多く、人気も少ない。
 わたしはたまたまアパートから出てきた彼に、道を尋ねる為に声をかけた。
 本当は分かっていた。
 彼が危険な人だということは。
 その時の萌えキャラのTシャツを着て、ボロボロで汚いジャージのズボンを穿いていたから。
 でも他に誰もいなかったし、選択肢は他に無かった。
 彼はわたしを頭からつま先までジロジロ見た後、ニンマリ笑った。
 そして疲れただろうからと、部屋に招いた。
 少し休めば道を教えてくれるというので、わたしは渋々彼の部屋に入った。
 だけど部屋に入ってすぐ、わたしは彼に布団の上に押し倒された。
 そしてロクに抵抗もできないまま、スカートの中に手を入れられ、パンツの中まで触られた。
「あっ、やっ!」
「可愛い声だね。ボクの理想とピッタリ♪」
 彼は嬉しそうに、わたしのアソコをまさぐった。
 その刺激に、強張っていた体が徐々に解されてしまった。
 心がどんなに拒んでも、クリトリスを指で押され、穴をグリグリと刺激されては、体は快楽に支配されてしまう。
「あんっ、やめて! ウソツキ、変態っ!」
「その変態の手でイかされているエッチな女の子はキミだろう?」
 べろっと首筋を舐められた。
 けれどその時感じたのは不快感ではなく、ゾクゾクする快感だった。
「あっ…!」
 徐々に開いていく足。
 彼の手は乱暴にアソコをいじくる。
「ホラ、どんどん穴からいやらしい液が溢れ出してる。キミはボクに触られるのが好きなんだよ」
「そんなぁっ!」
 涙が溢れてきた。
 でもそれは与えられる快感のせいだった。
 彼の言葉と行動、与えられるものが全てわたしの体と心を揺さぶる。
 それまでわたしは普通だと思っていた。
 告白されたことはあったけど、心が動かなかったので断ってきた。
 どんなイケメンに告白されても、どこか物足りなさを感じていたから…。
 それを満たすのが彼だとは信じたくなかった。
 けれど体はどんどん開いていく。
 彼は突然パンツから手を抜いた。
「あっ…」
 ほっとしたのも束の間、そのままパンツを下げれた。
「あっ! やめて、見ないで!」
「らっらめぇえ!」
 ぎゅっと彼の首にしがみつく。
 彼の太くて熱い性器が、ぐっしょり濡れたアソコに一気に滑り込む。
「ああっ…! ミコちゃんのおまんこ、気持ちイイよぉ」
 彼はぎゅっとわたしを抱き締める。
 そのまま腰を動かし、わたしの中を激しく出入りしはじめた。
「あっああっ! たまらない! 気持ちイイ!」
 顎を上げ、わたしは彼の動きに酔った。
 後ろからは黒い性器が激しく出入りして、前には彼の性器が息もつかせぬ速さと強さで攻めてくる。
 下の二ヶ所の穴を同時に攻められると、もう何も考えられなくなく。
 こうなるともう、異臭も汚さも気にならなくなる。
 ただ与えられる快楽に溺れるだけ。
「あんっあっ、もっと…もっと動いてぇ!」
「ミコちゃん、ミコちゃん!」
 どんどん彼の動きが早くなる。

パンパンパンッ!

 彼とわたしの間から生まれる音が、部屋に響く。
「うっ…出るっ! 出すよ、ミコちゃん! 中に出すよ!」
「ああっ、出して! わたしの中に、いっぱい、たくさん出してぇ」
 彼の動きがよりいっそう早くなった。
 わたしの中で、性器がどんどん膨れていく。
 ああ…爆発するまで、後ちょっと。
「ううっ!」
 そして一気に爆発した。
 熱くてどろっとした液体が、何度も何度も噴射される。
「あっ、熱いっ。スッゴク熱ぅい!」
 放たれる液体を膣の中で受け止めた。
 それでも後ろの黒い性器はわたしを攻め続ける。
 わたしは彼によりつよくしがみ付き、絶頂を迎えた。
「ああんっ! 好きぃっ、大好き!」
 この快感がたまらなかった。
 彼のような変態に抱かれることが、快感だった。
 普通の男じゃわたしを満足させることはできない。
 こんなふうに、わたしだけに夢中になって、おかしくなる人じゃなきゃ、ムリ。
「ミコちゃん、ボクも大好きだよ。大大大好き!」
「んむぅ!」
 彼はわたしの唇を貪る。
 それこそ飢えた獣のごとく。
 分厚い舌を臭い息と共に入れてきた。
 ドロドロした唾液が口の中に入れられる。
「んっんんっ!」
 それでもわたしはより深く彼を求める。
 自分が吐く息が臭くなろうとも。
 口の中を縦横無尽に暴れる彼の舌に酔いしれた。