FC2ブログ
<初仕事 紗雪とのセックス>・3



何度も腰を捻りながら、甘い声を漏らす紗雪。

指を膨らみから、シミの部分へと移動させる。

ぐちゅっ…と音がした。

「もうぐちょぐちょだね」

「やぁん!」

フルフルと首を振るも、体は期待している。

パンティーを脱がすと、紗雪の愛液が糸を引いた。

それと同時に、アソコの匂いが鼻についた。

ゴクッとのどが鳴る。

白いパンティーと現われた若々しい陰毛のギャップに、股間が熱くなる。

そのまま中指を一気に、秘所に差し込んだ。

「ああんっ!」

膣奥を指一本でかき回すと、紗雪は頭を振り、乱れた。

「気持ちいい? 紗雪」

「あっ、若様ぁ。とっても気持ち良いですぅ」

かき回している間にも、どんどん愛液が溢れ出してくる。

匂いも濃く、強くなっていく。

「これなら、平気だな」

指を引き抜き、ベルトをゆるめた。

そして既に固くなっている肉棒をつかみ出した。

「あっ、若様…」

オレのを見て、紗雪の顔が赤くなる。

「えっと…あんまりジロジロ見られると、緊張するんだけど」

そんなに立派なものじゃないと思うし。

「すっすみません! そんなに立派なの、はじめて見たので…」

そう言って恥ずかしそうに顔ごと視線をそらした。

…最近の接客業は、お世辞の教え方もしっかりしているんだな。

妙なことに感心しながら、肉棒を何度か手でこすり、固くする。

すでに先端からは透明な液体が出ているし、これならすんなり入るだろう。

紗雪の両足を抱えなおし、オレは亀頭を紗雪の中に入れた。

そのままズズッ…!と一気に中に入れた。

「あっ…ああっ!」

紗雪の腰が浮かぶのを、両手で押さえた。

予想通り、膣の中には一気に入れられた。

紗雪の膣の中は熱くて、ドロドロだった。

なのにギュウギュウと締め付けてくるものだから、イきそうになるのを堪えた。

…さすがに早漏だとは思われたくない。

ググッと腰を押し進めると、愛液が繋がっている部分から溢れ出してきた。

「ああんっ…。若様とわたし、一つになれたんですね?」

「ああ、紗雪の中、スッゴク気持ち良いよ」

「本当ですか? 嬉しい…」

本当に嬉しそうに微笑む紗雪。

だけど満足はしていないだろう。

オレは軽く腰を前後に動かし出した。

「はぁんっ」

熱い息が紗雪の口から漏れる。

紗雪が処女じゃないことに、今安心した。

少しぐらい、乱暴にしても平気そうだ。
スポンサーサイト
[PR]