FC2ブログ
<初仕事>



とりあえず、逃げよう!

オレは梢さんが出て行ってから10分後に、ドアに向かった。しかし…。

「ゲッ! ドアが開かない!」

ガチャガチャとドアノブを回しても、開かなかった。

もしかしなくても…。

<プルルルッ!>

部屋の電話の音に、驚いて飛び上がった。

「うわっ!? って、誰だよ?」

慌てて部屋に戻って受話器を取った。

「はい」

『あっ、若様』

梢さんだった。

『言い忘れていたけど、ドアは廊下側から開けられるけど、部屋の中からは開けられないから』

監禁部屋かっ! ここは!

『だから逃亡なんて考えないようにね。せっかくの初仕事、頑張って』

そう言って、通話終了。

…一方的だ。一方的過ぎる。

しかもオレの考えは見抜かれている。

もしかして閉じ込められたか?と思っていたけれど、大当たりだったみたいだ…。

受話器を置き、がっくり項垂れる。

女の子が来るまであと20分もない。

こうなれば…話し合いでなんとかしよう!

正直、セックスに強い興味はない。

風俗にあえて行こうとも思わない。

そこそこ発散しとけばいいだろうという考えの持ち主なんだ、オレは。

だから強制されるなんて真っ平だ!

逃亡がダメなら、話し合いだ!

そう決めて、オレは女の子を待つことにした。

しかしただ待つのもアレだ。

そう言えば、梢さんが寝室に『道具』を置いたとか言っていたな。

聞く暇なく出て行ったから、詳しく聞けなかった。

オレは奥に続く扉を開けた。

そこは広々とした寝室で、キングサイズのベッドが置いてあった。

さすがロイヤルスイートルーム。

そしてベッドの上に、例の銀色のカバンが置かれてある。

カバンを開けて見て、すぐに閉めた。

そしてベッドの上に倒れこんだ。

「『道具』って…」

カバンの中には、確かに『道具』がたくさん入っていた。

セックスの時に使う『道具』が…いわゆる『大人のおもちゃ』と言われるものがたくさん。

恐る恐るカバンを少し開けて、改めて見た。

…半分ぐらいは見知っているけど、後の半分は使い方すら分からないモノばかりだ。

と言うか、こういうのは一度たりとも使ったことは無い。

…まっ、学生が使う物じゃないしな。

ちょっと興味がわいて、改めて中身を見る。

「ローションに、バイブにローター。…手錠にムチ?」

オレはどんな性癖を持っていると思われているんだ?

AVやマンガで見たことのある道具は分かるんだが、他のはよく分からない。

まあ…アダルトグッズなのは変わらないし、オレは使わない!

カバンを閉じて、オレは元いた部屋に戻った。

ソファーに座り、息を吐く。

壁にかけてある時計を見ると、あと10分。

…時間ってこんなに遅かったか?
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/11-dc92a85e