FC2ブログ
<初仕事 紗雪とのセックス>・4



ぐちゅぐちゅと卑猥な音が、繋がっている部分から聞こえる。

うん、これなら大丈夫だ。

オレは紗雪の腰を強く掴み、激しく動き出した。

「あっ、ああんっ! 若様、若様ぁ!」

ギシギシとベッドが激しく揺れる。

息をつかせぬほど激しく挿入されている紗雪の体も、揺れる。

大きな胸が前後に動くので、思わず片手で強く掴んだ。

「はあっん」

「紗雪、気持ちいい?」

腰を何度も動かしながら、尋ねる。

「はい…はいっ! 気持ちいいれす」

舌が回らなくなってきたか。

でもこっちももう理性なんてない。

オレのが紗雪の膣肉を過ぎるたびに、射精したくなるのを堪えているから。

でもそのガマンさえ、気持ち良いと思えてしまう。

紗雪の中は気持ちいい。

ずっとこうやっていたいぐらいに…。

でも腰の辺りから、波が来ていた。

そろそろ出そうだ。

オレは紗雪の上にかぶさり、唇をむさぼった。

「んんっ…!」

何度も膣の中を味わいながらも、口の中も味わう。

紗雪は見た目どおり、甘くて美味しい。

舌を絡ませながらも、胸を揉む。

「はぁっん」

肉棒を深く差し込み、小刻みに動く。

「紗雪…。中に出しても良い?」

「あっあっ。若様、良いですよ。中にっ…わたしの中に出してください!」

ぎゅうっと抱きつかれる。

同じぐらい強い力で抱き締めながら、オレは紗雪の最奥をえぐった。

「うっ…!」

自分でも驚くほど、熱くて長い射精をしてしまった。

どくどくと紗雪の中に、精液が流れ込む。

「ああっ! 熱いっ。若様の、とっても熱いれすぅ!」

紗雪の背が弓なりに伸びると同時に、膣奥が熱い液に満たされた。

どうやら紗雪もイッたらしい。

オレは紗雪の中から出ず、しばらくその気持ち良さに酔っていた。

お互い強く抱き締めあって、絡み合って…。

オレは胸の中が熱くなっているのを感じた。

紗雪が愛おしい…。

可愛くて、たまらなくなってセックスをした。

今までになかった感覚。

オレはたまらなくなって、紗雪の首元に顔を埋めた。

紗雪の黒い髪に白い肌、華奢な体付きからは思いもよらないほどに、熱い中。

そしてあのいやらしい匂いと感触に、たまらなくなって、オレはまた腰を動かし始めた。

「あっ、若様…」

「ゴメン、紗雪。もう一回だけ」

「はい。若様が望むなら、何度だって…」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/16-230aa62e