FC2ブログ
<初仕事、終了>



…でも五回はヤリすぎだろう?

オレはその後、紗雪を四回も抱いた。

最初の一回から合わせて、五回…。

……オレ、自覚していなかっただけで、欲求がたまってたのかな?

紗雪を五回も抱いた後、オレは少し眠っていた。

疲れたのも当然だ。

ご無沙汰だった上、いきなり五回はないだろう。

目が覚めて、シャワーを浴びている間に、冷静さを取り戻していた。

紗雪が可愛いからって、無茶しすぎた…。

紗雪はオレがシャワーからあがる頃には起きていた。

4回目が終わった時、すでに気を失っていた。

気絶してしまった彼女に興奮して、オレはっ!

<ガチャ>

「若様、おフロありがとうございました」

「あっ、うん…」

入れ違うように、紗雪は風呂場に行った。

オレはスーツを着ていて、紗雪もワンピースを身に付けていた。

「あの、ゴメン。激しくしちゃって…」

言うのは恥ずかしいけれど、謝った方がいいだろう。

しかし紗雪は何のことか分からないというように、首を傾げた。

「何がですか?」

「何がって…その、セックス」

最後の方は声が小さくなってしまった。

「いえ、とんでもないです! あんなに良かったの、はじめてでしたし…」

そう言って顔を赤くし、俯いてしまった。

「あっ、そうだ。若様、コレ…よろしかったら」

紗雪はワンピースのポケットから、一枚の名刺を取り出した。

紗雪の名前と共に、携帯電話番号とメアドが載っている。

「わたしの連絡先です。何かありましたら、連絡をください」

「あっ、うん」

紗雪はニコニコしている。

怒っては…いないみたいだ。

「それじゃあわたしは帰ります。連絡、待っていますからね!」

オレに熱い目線を向けながら、紗雪は部屋を出て行った。

あっ、オレも解放されるんだよな。

でも家に帰る気にはなれなかった。

外はすでに暗く、夕飯の時刻になってしまっている。

「はぁ…」

深く息を吐くと、

<プルルルッ!>

「うわっ!」

また電話が鳴った。

慌てて受話器を取ると、梢さんだった。

『あっ、若様。初仕事、お疲れ様! どうだった?』

…セックスの感想は聞かれたくないもんだ。

「ああ、まあ…」

素直に良かったとは言い難かった。

『紗雪も満足してたみたいだし、若様はやっぱりスゴイわね!』
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/17-03f87418