FC2ブログ
「くっ……! そろそろイクよ、美保さん。出したモノ、ちゃんと受け入れて」
 草太は顔をしかめながら熱っぽい声で囁くと、美保がまともに呼吸ができなくなるぐらいにズンズンッと子宮を責めた。
 腹の中で硬く反り返ったペニスに暴れられて、美保は草一郎の肉棒を口から出すと獣のうめき声のような叫びを上げる。
「うぐぅ~、ひっ、ひぃいいーっ!」
 子宮口に鈴口が食い込み、限界まで膨れ上がった亀頭から勢い良く精子が放たれた。まるで水鉄砲のように激しく何度も発射されて、美保の子宮内に大量の精液が注ぎ込まれる。しかし子宮内で受け入れきれなかった精液は、白濁の液となって二人が交わっているところからドロリ……と流れ出た。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?