FC2ブログ
「一つ一つの快楽に、素直に反応する肉体じゃ。ここまで感度が良いと、これから生まれる子供が楽しみじゃわい」
「今日は初日だし、お風呂とお香に使った薬草はそんなに多くなかったんだけどね。こんなに気持ち良さそうになっているなら、案外使わずとも良かったかも」
 美保は草太の肉棒を口の中いっぱいに頬張りながらも、舌を絡ませて扱き上げる。鈴口からジワジワと先走りの液が出てくると、まるで棒のアイスの先っぽを舐めるように舌を動かす。そして唾液と混ぜて、喉を鳴らしながら飲み込むのだ。
 美保の唇から白く泡立った粘液が流れ出てきて、胸元を怪しく濡らす。二人分の体液は乳房の感触を楽しんでいる草太の手も濡らすが、ヌルヌルになった指で乳首をつまみあげられれば、声にならない声が美保の口から出てきた。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?