FC2ブログ
「…梢さん、今、何とおっしゃいました?」

「ええ、だから『2人目の女の子を決めて』と言ったわ」

にっこり満面の笑みで、梢さんは例の女の子のファイルを手に持っていた。

「ちょっ、待ってくださいよ! オレの初仕事は紗雪でしょう?」

「彼女は言わば練習台よ。だってウチの社員だもん」

「へ? じゃあ今度は?」

「半分お客、半分社員…と言うより、バイトかしら?」

「…意味が分からないんですけど」

「そうよねぇ」

梢さんは腕を組み、眉を潜めた。

美女は悩む姿も色っぽいものだ。

オレも本性を知らなければ、ときめいていただろうな(遠い目)。

「まあウチにはお客様でありながら、社員でもある人は多いのよ。だから今度はそういう人を相手にしてほしいの」

つまり…ウチの会社に仕事を頼むことがあれば、逆に頼まれることがある人ってことか。

「…何だかややっこしいですね」

「まあね。でも意外と少なくはないのよ。そういう子」

梢さんは苦笑しながら、ファイルを差し出してきた。

オレは渋々受け取り、中を見る。

そこでふと、気になった女の子を見つけた。

ちょっとつり目で、気の強そうな女の子。

不敵に笑っているけれど、どこか雰囲気がおかしい。

「梢さん、この女の子のこと分かりますか?」

オレは女の子の写真を、梢さんに見せた。

「ああ、梨奈ちゃんね。ちょっと変わったコでね」

真っ赤なマニキュアをした人差し指でメガネを上げ、梢さんはため息をついた。

「彼女、最初はお客だったのよね。それで男性を派遣したの。ところが何を思ったのか、ウチで働きたいと言い出してね」

「気に入ったんじゃないんですか? ウチの会社」

「そうだと良いんだけど…。何かちょっとおかしいのよね」

「まあそもそもウチの会社を使うこと自体、おかしいんですけどね」

「…言ってくれるわね、若様」

「そもそもこの梨奈って女の子、どう見たって女子高校生でしょう?」

紗雪も若く見られたが、あのセックス慣れはどう考えても成人しているはずだ。

「まっ、ね。でも言っておくけど、何も夜のお仕事ばかりじゃないからね」

「分かっていますよ」

ウチの会社は基本的に、『1人がイヤな人』が利用する。

買い物や旅行の相手、または食事の時に呼ばれたりもする。

だから何も全てセックスの相手とは限らない。

「でもオレに話が回ってきたということは、何かしらあるんですよね?」
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/19-4ae88329