FC2ブログ
梨奈に手を引かれ、オレは部屋の中に足を踏み入れた。

うわっ…。

オレはあんまりラブホを使ったことがない。

しかしコレが最近話題のラブホの部屋なのか。

壁紙は薄いピンク色に、華やかな花が描かれている。

照明は少し暗く感じたものの、白い色で目は痛くならない。

大きなベッドはこれまたクリーム色で、派手なラブホのイメージからは遠い。

一見すれば、普通の部屋に見えなくもない。

「なっ何かあんまり派手じゃない部屋だね」

オレは気分を軽くしようと、まずは話題を振った。

「ココ、自分好みに変えられるのよ」

梨奈はテーブルに置かれたリモコンを手に取った。

<ピッ>

とボタンを押すと、照明が派手なピンク色に染まる。

「うわっ!」

めっ目がチカチカする!

「他にも」

<ピピッ>

今度は天井の照明器具がミラーボールのように回り出した。

色々な光を放ち、部屋が一気に怪しくなる。

「それにホラ」

<ピッピッ>

どこからともなく怪しげな音楽が鳴り出し、甘い匂いが鼻をくすぐった。

思わずハンカチを取り出し、鼻と口を押さえた。

「とっ止めて! 何か物凄く危険な感じがする!」

「分かったわ」

<ピッ>

梨奈は素直に止めてくれた。

やっヤバイ…!

さすがはウチの経営のラブホテル。

見た目はまともでも、中身は異常だっ!

油断していた自分に、思いっきり嫌気が差す。

いい加減、慣れなきゃな…。

「とっところでさ、梨奈はその…セックス嫌い?」

遠回しに聞くのもアレなので、思い切って聞いてみた。

すると梨奈は困ったような、泣きそうな顔をした。

「…分からないの」

そう言ってベッドに座った。

「分からない? …え~と、気持ちイイとかダメだとか?」

男がイッても、女はイッていない場合が多いのだと、カウンセラーから聞いた。

そこでセックスに不満を持つような女性が少なからずいるのだと。

「…それもよく…。何か…アタシ、不感症みたいで…」

前言撤回! オレでは手に負えません!

つーかならカウンセラーがすぐにでも来た方が良かったんじゃないか?

梨奈は不安げに自分の二の腕をさすっている。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/23-28ac354e