FC2ブログ
「…最近、ピリッとした嫌味を言うようになったわね。若様」

「若輩者なので。それはとにかく、梨奈は自分自身では認めたくはないようですけど、その初体験を心の底では悔いているんですね?」

「カウンセラーの意見も同じよ。好きでもない男を相手に、処女を捨ててしまった。しかも商売男性に。心が拒絶し、体まで拒絶してしまった。だけど自分はそんな子供じゃないんだと思い込んで、次々男性を欲してしまう」

「けれど満たされないのだから、自覚症状がないって怖いですね」

オレは緑茶をすすりながら、肩を竦めた。

「全くね。梨奈ちゃんはそこの自覚をしたくなくて、体が拒絶反応していることに気付いていない。若様にはそれとなく、促がしてほしいのよ」

「厳しい問題ですね。自分をまだ、子供だと認めさせなきゃならないなんて」

「大人になると、自分の子供さ加減が分かってくるもんだからね。まっ、言葉で通じない場合は体で分からせてやって」

「どうやって? 相手は拒絶するんですよ? オレ、さすがに男のプライド捨てる勇気で女は抱けません」

笑顔で話しかけてくる梢さんに対し、オレも笑顔で反論する。

「だかららぁ、体の喜びを教えてあげれば良いのよ」

「残念ですが、オレはそんなテクニシャンではありません」

笑顔で言葉の応酬を繰り返すも、辺りの雰囲気はすでに暗く重い。

「そこはホラ、道具でも何でも使って、ね♪」

「そんなことしたら、若い子はおかしな道へ走ってしまいますよ? ウチはあくまで健全作業なんでしょう?」

「まあ最悪の場合は、媚薬とか…」

「分かりました! 臨機応変にします!」

コレ以上、濃い会話をしたくなくて、無理やり終了させた。

そして回想も終了。

「…あのさ、好きな男性とかいないの?」

「今の所は…。だってウチ、女子校だし」

まあ出会いは少ないわな。

なのにいきなり恋愛の段階ぶっ飛ばして、セックスに走ること自体、『お嬢様』な考えだな。

しかも自分が不感症ではないかということに、負の感情を抱いている。

…コレってまずくないか?

明らかに、カウンセラーの出番だと思うが…。

「ねっねぇ、若様!」

「えっ、何?」

「アタシとセックスして!」

「…はい?」

このコは玉砕覚悟で、オレに挑めと?

「若様でダメだったら、アタシ…病院に行く」

のあっ!?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/25-8dcdcaae