FC2ブログ
「いろいろ調べてみたんだけど、不感症って治療で何とかなるみたいだから…」

「そっその前に! ウチにはカウンセラーもいるし、性感マッサージ師もいるから、そっちを使いなよ!」

「…うん」

そう、ウチにはカウンセラーの他に、性感マッサージ師もいる。

AVみたいなことをするのもあるが、実際は不感症相手に治療行為で行うことの方が重要。

将来、跡継ぎが必要なのに、ムリそうな人に行う治療だ。

かなり客は多いみたいだし、実際に腕は良いのだろう。

梨奈みたいな若い女の子は少ないかもしれないけど、早めの治療は大事だ!

「でもそういうの、恥ずかしいし…」

「病院の方がもっと恥ずかしいよ!」

「だから、若様でどうなのか、調べてみるのよ」

げっ★ 実験台扱い?

オレでダメなら病院行き。

良かったら、このまま…って責任重大!?

「ちょっと待って! そんな重要なこと任せられても困る! オレはマッサージ師でもないし、カウンセラーでもないから」

「でも女を抱ける男、でしょう?」

…それは違いありません。

否定のしようがないので、思わず口ごもる。

「なら、アタシを抱いてみて? ダメそうなら、止めてもいいから…」

いや、それは男のオレの方が辛いことなんだが…。

でも彼女だって不安の中で、オレにすがっている。

ここで手を振り払うことは…オレにはムリだ。

「…じゃあ一つ、約束してくれる?」

「なに?」

「イヤになったら、梨奈の方から言ってくれ。オレは全然イヤじゃないから」

「どうして…」

「梨奈が美人だから、かな?」

そう言って距離をつめ、梨奈の唇にキスをした。

「んっ…!」

リップグロスの甘さが、唇から伝わってくる。

「梨奈が本当にイヤなら止めるから。約束できる?」

「…分かった。約束するわ」

そう言ってオレの首に両手を回し、キスしてきた。

オレはゆっくりと、梨奈の体を抱き締めた。
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/26-9d2a497d