FC2ブログ
オレはカウンセラーとの会話を思い出した。

会社の『性』のカウンセラー達とマッサージ師達をまとめるのは、ウチの親父の秘書の1人、名を桔梗さんと言う。

桔梗さんは男性ながらも、どこか中性的で妖艶な雰囲気を持つ人だった。

しかし腕は超一流、文句の付けようも無い。

オレは彼に、会議室で講義を受けた。

忙しい中でも時間を作ってくれて、オレに簡単な『性』のことをレクチャーしてくれた。

「若様、例の女の子のことですが」

「うん。…いや、はい」

ついいつもの調子でタメ口になるのはオレの悪いクセだな。

会社ではオレはまだ新人、未熟なのだから気をつけなければ!

しかし桔梗さんは優しい笑みで笑ってくれた。

「緊張しなくてもいいですよ。私の前では敬語も無しで構いません」

「えっ、でも…」

「私の敬語はすでに定着しているので、お気にせず。緊張したままでは、講義に身が入らないでしょう?」

「わっ分かった」

ここは素直に甘やかせてもらおう。

「はい。では梨奈さんのことですが、彼女は精神的な面からセックスを拒んでいるのでしょう。ですのでこの場合、体には何の異常も無いと思って良いと思います」

「ああ」

「なので治療としましては、第一にカウンセリング。それで彼女の本心を明かします」

「うん」

「そこで本心を聞きだせましたら、彼女が求めるならセックスをしてあげてください」

「…そこで拒否をしたらば?」

「彼女の女性としてのプライドが粉砕されます」

桔梗さんはあくまで笑顔で語る。

「梨奈さんはまだ女子高校生、若い盛りですからね。セックスを迫って、断る男性なんていないと無意識に思っているでしょうから」

…さすがはウチの社員、笑顔でとんでもないことを言いやがる。

「でも本当にセックスする必要は無いんです」

「えっ? 何で?」

その言葉は意外だったが、嬉しい言葉でもあった。

「彼女は多分、精神面が追いつけばセックスも受け入れるようになるでしょう。なのでこの場合、彼女を感じさせることが重要なんですよ」

「でもそれを言ったら、今までの男達だって…」

「ええ、ですが心を打ち明けた後と前では、かなり心構えも違うでしょう。なので若様、もし彼女とセックスをするようなことになった場合、奉仕してあげてください」

「ほっ奉仕?」

オレにとっては聞き慣れない言葉だな。

「それって…今流行のヤツか?」

「はい、ご奉仕のことです。我々の世界で言うならば、性感マッサージをしてあげてください」

「ちょっと待った。オレはマッサージのレクチャーは一回も受けていない」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/28-18d092f1