FC2ブログ
<大学を卒業した後 会社に到着>



 会社の地下駐車場に車を止め、特設エレベーターで最上階に上がる。
 外から見たこの会社は、何かこう…でかかった。
 高層ビルが建ち並ぶ街中にあって、かなり立派な建物だ。
 今日からここで働くと思うと、緊張してきた。
 何せオレは親父が何の仕事をしているか、詳しくは知らない。
 人材派遣をしているのだと、言われ続けた。
 不況の世の中でも、ウチの経済状況は変わらなかったのだから、儲かってはいるのだろう。
 ウチの経済レベルはかなり高い。
 オレが私立の幼稚園から大学まで行けるぐらいだ。
 海外旅行もしょっちゅう行ってたし、ブランド物も家の中にゴロゴロある。
 両親には一人息子兼跡継ぎとして、これ以上ないぐらい愛情を注がれた。
 もちろん、親父の下で働く社員達にもだ。
 オレも期待に応えるべく、勉強にスポーツに人間関係に頑張ってきた。
 将来は一つの会社を継ぐんだ。
 そこに働く人間、全ての人生を握ることになる。
 ハンパな気持ちはいけないと、両親が呆れるぐらい真面目に生きてきた。
 それが今、報われる。
 これまでの苦労も、大切に思えた。
 …今、この瞬間までは。
 やがてエレベータの動きが止まった。
「こちらです。若様」
「あっああ」
 フロアに出ると、目の前に大きな木の扉がある。
 梢さんはゆっくりとノックする。
「社長、若様をお連れしました」
「ああ、入れ」
 聞きなれた親父の声だが、今日は何故か緊張させれる。
 背筋を伸ばすと、梢さんがドアノブを押し、扉を開けてくれた。
 オレは固唾を飲み込み、中に入った。
「失礼します。しゃっ…」
「待ってたよー!」

がしっ!

「ぐわっ!」
 畏まって挨拶をしようとしたが、いきなり親父に抱き付かれた!
「うっとおしいわっ! クソ親父!」
 なのでつい、いつもの調子で親父を床に叩き付け、背中を踏んでしまった。
「ぐえっ!?」
「…若様、お気持ちはよく分かりますが、ここは会社ですので」
「あっああ、すまない」
 梢さんの苦笑を見て、オレは足を外した。
「あいたた…。相変わらず元気だね」
 すでに五十を過ぎている親父は、ブランドのスーツに身を包み、外見だけは!立派な会社の社長だった。
 見た目も子供の欲目を抜いても、良い方だろう。
 実際、親父と街中を歩くと女性が良く振り返る。
 …くそっ!
「テメーがしっかりしないからだろう? 少しは社長らしくしやがれ!」
 なのでついイライラしてしまう。
「まあまあ。若様、とりあえずソファーにお座りください。今、お茶を持ってまいります」
「ああ、頼む」
 オレは返事をして、黒皮張りの一人かけソファーに座った。
 親父も背中を押さえながら、オレの向かいのソファーに座る。
 これじゃあどっちが大人か分からないな。
「では失礼します」
 梢さんは一旦社長室を出て行った。
 すると親父はキリッと姿勢を正し、オレを真っ直ぐに見つめた。
「さて、とりあえず入社おめでとう」
「ありがとよ」
「それでウチの会社のことなんだがな」
「ああ」
「その前に、お前に聞いておきたいことがある」
「何だ?」
 入社のことについて、大体のことは家で済ませていた。
 面接めいたものも、梢さんと済ませている。
 だから今更聞かれることなんて、何だろうと少し緊張した。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/5-bc877a9d