FC2ブログ
「らっらめぇえ!」
 ぎゅっと彼の首にしがみつく。
 彼の太くて熱い性器が、ぐっしょり濡れたアソコに一気に滑り込む。
「ああっ…! ミコちゃんのおまんこ、気持ちイイよぉ」
 彼はぎゅっとわたしを抱き締める。
 そのまま腰を動かし、わたしの中を激しく出入りしはじめた。
「あっああっ! たまらない! 気持ちイイ!」
 顎を上げ、わたしは彼の動きに酔った。
 後ろからは黒い性器が激しく出入りして、前には彼の性器が息もつかせぬ速さと強さで攻めてくる。
 下の二ヶ所の穴を同時に攻められると、もう何も考えられなくなく。
 こうなるともう、異臭も汚さも気にならなくなる。
 ただ与えられる快楽に溺れるだけ。
「あんっあっ、もっと…もっと動いてぇ!」
「ミコちゃん、ミコちゃん!」
 どんどん彼の動きが早くなる。

パンパンパンッ!

 彼とわたしの間から生まれる音が、部屋に響く。
「うっ…出るっ! 出すよ、ミコちゃん! 中に出すよ!」
「ああっ、出して! わたしの中に、いっぱい、たくさん出してぇ」
 彼の動きがよりいっそう早くなった。
 わたしの中で、性器がどんどん膨れていく。
 ああ…爆発するまで、後ちょっと。
「ううっ!」
 そして一気に爆発した。
 熱くてどろっとした液体が、何度も何度も噴射される。
「あっ、熱いっ。スッゴク熱ぅい!」
 放たれる液体を膣の中で受け止めた。
 それでも後ろの黒い性器はわたしを攻め続ける。
 わたしは彼によりつよくしがみ付き、絶頂を迎えた。
「ああんっ! 好きぃっ、大好き!」
 この快感がたまらなかった。
 彼のような変態に抱かれることが、快感だった。
 普通の男じゃわたしを満足させることはできない。
 こんなふうに、わたしだけに夢中になって、おかしくなる人じゃなきゃ、ムリ。
「ミコちゃん、ボクも大好きだよ。大大大好き!」
「んむぅ!」
 彼はわたしの唇を貪る。
 それこそ飢えた獣のごとく。
 分厚い舌を臭い息と共に入れてきた。
 ドロドロした唾液が口の中に入れられる。
「んっんんっ!」
 それでもわたしはより深く彼を求める。
 自分が吐く息が臭くなろうとも。
 口の中を縦横無尽に暴れる彼の舌に酔いしれた。
スポンサーサイト
[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/50-3ef9a5c1