FC2ブログ
「グフフ。キレイな色だねぇ。それに良い匂いもする」
 彼はわたしの太ももを押し開き、わたしのアソコに顔を寄せた。
「今からペロペロしてあげるね」
「ぺっペロペロって…」
 嫌な予感がした。
 それはすぐに的中した。
 彼は舌を伸ばして、アソコをペロペロ舐め始めたのだ。
「ああんっ! そんなとこ、舐めないでぇ!」
 身をよじるも、太ももをガッシリ掴まれてて動けなかった。
「んん~。レロレロレロぉ~」
「やああん!」
 舌先でクリトリスを転がされ、穴に吸い付かれて、わたしは何度もイッてしまった。
「んっ…。キミのここ、美味しいね♪」
 彼は力強く、穴に吸い付き、溢れ出る蜜をズズッと音を立てて吸った。
「やめてやめて! もう帰るぅ!」
「ダメだよ。ちゃんと休んでからじゃないと」
 彼の頭を叩いても、阻止できなかった。
 わたしはただ与えられる快感に、泣きながら喘ぐしかなかった。
 …そしてどれだけの時が経ったのか。
 空はすでに茜色に染まっていた。
「あっ、はぁっ…!」
 わたしの声はすでに熱っぽく、かすれていた。
 彼はずっと、わたしのアソコを舐め続けていた。
 わたしはすでに抗うことも、逃げることも頭になかった。
 ただ下半身から感じる快感に酔いしれていた。
「気持ちイイ…気持ちイイよぉ」
 気づけば彼の頭を両足で抱え込み、頭を押さえつけてしまった。
 そして腰をくねらせ、快感を貪っていた。
 アソコを舐められるなんてはじめてだった。
 時々、自分ではこっそり触ったりしたけれど、こんなに気持ちよくなる部分だなんて知らなかった。
 わたしはもう夢中になっていた。
 激しく舐められ、何も考えられなくなっていた。
 やがて彼が顔を上げる。
「ん~、美味しかった♪ …そう言えばキミのオッパイ、大きいよね」
 わたしの上着を捲くり上げ、ブラジャーも上げた。
「わっ、巨乳だね! 中学生ぐらいなのに、もうDカップもあるの?」
 驚きつつも、わたしの胸を乳首ごと強く鷲掴みにした。
「ああっん」
「もうこんなに大きいけど、まだまだ成長するよね? いっぱい弄ったら、大きくなるかなぁ?」
 彼は首を傾げながら、わたしの乳首に吸い付いてきた。
「んっ…ちゅっちゅっ」
「やぁんっ! 吸わないでよぉ」 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/52-8ab60c1d