FC2ブログ
 舌足らずの声は、本気で拒絶はしていなかった。
 彼は乳首を銜えたまま、ニンマリ笑った。
 そしてもう片方の胸を揉みながら、激しく吸い出した。
「あっやっ、やんやんっ!」
 ビクビクッと背中が動いてしまう。
 胸を吸われる快感も、この時はじめて知った。
 彼はザラザラした舌の表面と、ヌルヌルした裏面を使い、絶え間なく乳首を舐めた。
 すると真っ赤に染まり、立ってしまう。
「ああっ…!」
「恥ずかしがることは何にもないよ。ココは男だって弄られるとたまらないんだから」
 彼はそう言って、揉んでいた方の胸を今度は口で愛撫しはじめた。
 そして唾液で濡れた胸の方は、手で愛撫する。
「ああっ、むっ胸も弄られると気持ちイイぃ」
 わたしは思わず彼の頭を抱え込んだ。
 そうして薄暗くなる頃、ようやく彼は解放してくれた。
 ティッシュで胸やアソコを拭いて、タクシーを呼んでくれた。
 別れ際、一万円札を10枚も渡してきた。
「あの…」
「また気持ちよくなりたかったら、おいで」
 彼はわたしの耳元でそう言った。
 わたしはぼんやりしながらタクシーに乗り込み家に帰った。
 …その後、夜、ベッドで1人でいると、彼の愛撫を思い出してしまった。
「んっ…!」
 自分の指で胸やアソコを弄っても、彼が与えてくれた快楽には程遠かった。
 本当は忘れたかった。
 あんな変態に、あんなことをされたのを…。
 でも体は夜な夜な疼いた。
 あの刺激が欲しくて欲しくてたまらなくなってしまった。
 そうしてわたしは彼と出会ってから一ヵ月後に、再びあの場所へ足を踏み入れた。
 アパートの部屋に行くと、彼はこう言った。
「待ってたよ。我慢できなくなったんだね? さあ、おいで」
 腕を引っ張られ、わたしは彼の部屋に再び入った。
 そして服を全て脱がされ…。
 体の隅々を愛撫された。


 ―そして付き合うようになるまで、時間はかからなかった。
 一線を越えるのは、彼の部屋を3回訪れた時だった。
 アソコに入れてほしくて彼に頼んだ。
 そのサイズにはじめはビックリしたけれど、でも…入れてくれた。
 一つになった時、わたしはやっぱりと思った。
 やっぱりわたしは、この変態が好きなんだと。
 痛みと快楽の中、気付いてしまったのだ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/53-8a287d83