FC2ブログ
 素っ裸になった後、腰にタオルを巻き付け、ベッドの上に座った。
 …何かコレって、オレが風俗嬢になったみたいだ。
 自分で思って、凄く後悔した。
 けれど由香里さんをいつまでも待たせるワケにはいかないので、声をかける。
「由香里さん、脱ぎましたよ」
「はーい」
 明るい声と共に、由香里さんは部屋に入って来た。
 そして壁際に置かれた一つのイスを引っ張って、オレの目の前に座った。
「ではまずお話を聞くところからはじめるわね」
「はい」
「若様、アレルギーとかない?」
「ないです」
「最近疲れているところなぁい? 体の部分で、不調なところ」
「それなら肩や腰の辺り…ですね。デスクワークが多いので凝っています」
「なら眼もお疲れじゃない?」
「そうですね。一応裸眼なんですけど、目薬差すことが増えました」
「ふむふむ。ちょっと腕を伸ばしてくれる?」
「あっ、はい」
 由香里さんは真剣な表情で、オレの腕に触れる。
「筋肉が固まっているわねぇ。お風呂で揉み解したりした方が良いわよ」
「でも自分じゃあんまり効かないみたいで…。あまりにヒドイ時は整体に行っています」
「けれど通えないでしょう?」
「…ですね。月に二度ぐらいしか行けていません」
「秘書のお仕事って、半端ないって聞くもの。梢ちゃんももうちょっと若様を気遣ってくれれば良いのに…」
 眉をひそめながら心配してくれている様子は、まるで本当の医者のように見える。
 まあマッサージも大事な医療行為だしな。
「梢さんの方がきっと、オレなんかより疲れていますよ。秘書と指導役の二役をこなしているんですから」
「まあそうでしょうけど…」
 …そんなにオレの体はヒドイんだろうか?
 今度親父にマッサージチェアを購入するよう、相談してみるか。
「ところで由香里さん、さっき言っていたアレルギーですけど、今からマッサージに使う薬品のことですか?」
「ええ、そうよ。後は気持ちをほぐす為に、お香を焚いたりするからそっちでもね」
「お香でもアレルギーってあるんですか?」
「ごくまれに、だけどねぇ。煙アレルギーって言うのかしら? 肌に合わない人はいるからね」
 いろんなアレルギーがあるんだなっと思っていると、由香里さんが立ち上がった。
「んっ、若様の状態はとりあえず分かったわ。じゃあ今度は体をほぐすから、寝てくれる?」
「はい」
 オレはベッドに横になった。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/60-1d0b4f00