FC2ブログ
「あ~んっ。んんっ…」
 しかし由香里さんはそれ以上何も言わず、オレのペニスをパクッと食らいついた。
 そしてそのまま根元まで、口の奥に入れてしまう。
「あっ…!」
 オレは本当に情けないことに、気持ち良くて腰を少し上げてしまった。
 熱くてヌルヌルした由香里さんの口の中は、気持ち良い。
 既に亀頭は丸く膨らんでいて、先端からは先走りが滲み出ている。
 由香里さんは口をすぼめ、顔を上下に動かし始めた。
 けれどそれを数回繰り返すと、亀頭を口に含んだまま強く吸い上げる行為をした。
「ふっん…。んっんっ、ちゅぅっ…」
「ああっ!」
 それが射精を促す行為だと知るのに、時間はかからなかった。
 すでに勃っていたオレのペニスはすぐに限界を迎えそうになる。
「ゆっ由香里さんっ! 出るんでそのっ…」
「んっちゅぅっ…。良いわよ、口の中に出して」
 そう言った由香里さんの眼はトロンとしていた。
 …ペニスをフェラするの、好きなのかな?
「でっでも…」
「良いの。わたしが欲しいんだからぁ」
 甘く駄々っ子のように言うと、唾液に濡れた真っ赤な舌を出して、ペニスを根元から先端まで一気にペロッと舐め上げた。
「うわっ!」
 舌の表面のザラザラ感に、ペニスがビクッと反応してしまう。
「さっ、飲ませて。若様の濃いミルク」
 濃いかどうかなんて調節できませんっ!
 けれどこれだけ気持ち良いならば、出るかもしれない。
 …出なかったら、男じゃないな。
 由香里さんは再びペニスを口に含む。
 そして根元まで含んだ後、顔を左右に揺らして刺激してくる。
「ううっ…!」
 しかもオレの玉袋を手で優しく握りこんでくるし、茎の部分には舌を絡ませてくる。
 やっぱり性感マッサージのプロだっ!
 オレはその技を感じながら、由香里さんの口の中に射精した。
「うっ、あっ、はっ!」
 ビクッビクッと痙攣しながら、何度も出してしまう。
「んふふっ。んっ、じゅるっ…。ぷはぁ、美味しかったぁ。若様のミルク」
 ペニスから口を離した由香里さんの唇には、白い精液が付いていた。
「けれどやっぱり若さね。一回出したぐらいでは、全然萎えないんだもの」
 …いや、それは由香里さんのフェロモンに当てられたせいです。
 しかし射精疲れから、ぜぇぜぇと肩で息をしているオレは、何も言えなかった。
「やっぱりわたしの中で、気持ち良くさせてあげるわねぇ」

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/65-f80500f7