FC2ブログ
 上気した顔で言うのはとても色っぽいんだけど……最近の客は、そんなに短小だったんだろうか?
 思わずそんな疑問が思い浮かんでしまう。
 けれど由香里さんの中はとってもあたたかくて、そして締め付けが気持ち良い。
 勃ち上がったペニスを包み込むような、柔らかさとぬくもりが言葉に出ないほどの快楽を与えてくれる。
 …何か、由香里さんらしいな。
 上手く言葉にはできないけれど、由香里さんは中まで彼女なんだ。
 そんなことをぼんやり思っていると、由香里さんはついに動き出す。
 両手をベッドについで、しゃがみこむ形で動き出した。
「ああ~っん! 気持ち良いっ…気持ち良いわぁ!」
 気持ち良さそうによがられるのは嬉しいんだけど、声、大き過ぎないかな?
 でも由香里さんのよがる声って、凄く色っぽい。
 清楚な容姿に反して、淫らな動きがたまらない。
「由香里さんっ、由香里さん!」
 オレが腰を動かす暇もなく、由香里さんは上下に動く。
 スゴイ腰の動きだ…!
 息つく暇も無く、攻められてしまう。
 入れる時は緩むのに、出そうとするとキツク締まる。
 こういうのを名器って言うんだっけ?
 由香里さんは亀頭部分だけはずっと中に入れたままで、激しく腰を打ち付けてくる。
 ぐじゅっぐじゅっと、二人が繋がっている部分から淫らな水音が生まれる。
 オレの先走りと、由香里さんの愛液が混じり合った音が、ひどく卑猥に聞こえる。
 それに由香里さんの動きが激しいものだから、大きな胸も激しく揺れる。
 その淫らな姿に、ペニスは限界まで膨れあがってしまう。
「ゆっ由香里さん、オレ、もうっ…!」
「ええ、イって良いわよ?」
 由香里さんは妖艶な笑みを浮かべ、腰を深く下ろす。
 そして深く繋がったまま、前後に腰を動かし始めた。
 コレってグラインド騎乗位、別名エロ腰って言われる動きなんじゃっ…!
「あっあっ、くぅっ…!」
 しかしペニスを全て膣の中に入れられたままこんな動きをされて、オレはまたもや痙攣しながら射精してしまった。
「ああっんっ! 熱いし、それにスゴイ勢いでふき上げてくるぅ!」
 由香里さんはオレの射精を膣の中で受け止め、背中を仰け反らせた。
「はぁはぁ…! 由香里さんっ!」
 オレはとうとう堪えきれなくなって、上半身を起こした。
 そして真っ赤なバラの花びらのような乳房に食いつく。
「やぁんっ! わっ若様ぁ」
 甘ったるい声で呼ばれると、余計に熱くなってしまう。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Secret

TrackBackURL
→http://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/tb.php/67-874bf1aa